多種多様のパソコン資格、IT資格を徹底攻略

パソコンの資格は非常にたくさん・・・しかし

パソコンの資格には非常にたくさんの種類がある。 文書作成や表作成の資格、プログラミングの資格、WEBデザインの資格、国家資格、民間資格・・・・きりがないほどある(笑)。やみくもにパソコン資格を取るのではなく、将来、何を目指すか?何がしたいか?によって取得するパソコン資格を絞ったほうが賢明である。

  当サイトでは、IT業界に10年以上携わっている経験者が、自らの体験談を元にパソコン資格の選びかた、取り方、ステップアップ方法などを掲載していく。資格だけでなく、職場の実情や業界自体のトレンド情報なども随時掲載していく予定である。

そもそも本当にパソコン資格は必要なのだろうか

 私が働いているパソコン・IT業界では、資格不要論もある。資格を持っているからといって仕事ができる人とは限らないということも多くの方がご存知だろう。

 資格を持っていなくても仕事がバリバリできる人もいれば、資格マニアで資格ばっかり取って頭でっかちになり、実際の実務では何もできないという人もいることは確か。つまり、資格を生かすも殺すもあなた次第ということになる。

 まして、パソコン・IT業界は常に忙しいため、資格取得のための時間を費やすことが難しい場合もある。(実際は暇な時期もあるが、資格試験の日が近づくと業務が忙しくなるという不思議な法則もある。)

パソコン資格・IT取得で得られるもの

 私個人の考えとしては、パソコンの資格取得は大いに賛成である。たとえ取得した資格にたいした意味が無かったとしても、少なからず自分の大切な時間を費やして合格したわけだから、自信がつき、さらなる学習意欲もあがる。資格以外の何かに挑戦してみようという前向きな姿勢も身につく。知らなかった便利な技術を資格の勉強で発見することもある。

 資格取得で会社から奨励金が出たり、毎月の給料にプラス5000円なんてアドバンテージもついてきたりする。極端な話、そのお金のためだけに資格取得を目指すのも、今の時代はアリだと考える。

最終的にはあなた次第

 とはいえ、資格が必要か否かは個人個人の考え方次第。最終的に資格を取得する、しない、または目指す、目指さないは、当サイトをご覧になっていただき、ご自身でじっくり検討されて欲しい。

パソコンを使った、資格を生かしたバイトがしたい方は

 パソコンを使った仕事は専門職なだけに時給がやや高めとなっています。実際にバイトで働いた方による体験談はアルバイト&短期バイト辞典のIT系・WEB系のカテゴリで見ることができます。