ITパスポート試験

ITパスポート試験はパソコンを使う仕事に必須

 ITパスポート試験は、職業人が共通に備えておきたいITに関する基礎知識を測る国家試験である。 65分の試験で100問の問題が出題され、すべて4択の問題でストラテジ系(経営全般)、マネジメント系(IT管理)、テクノロジ系(IT技術)の3つの分野から幅広く出題される。

短い準備期間では難しい

 決して難しい試験ではないが、短期間で取得できるほど甘い試験では無い。学生の方は、就職する前に取っておこう。社会人の方は、日々の業務に忙殺されてしまう可能性があるため、自己管理を徹底してのぞむ必要がある。

独学で取得するには

 独学でも参考書をこつこつと勉強できる人は合格可能。キタミ式イラストIT塾 「ITパスポート試験」 平成22年度は図が豊富で頭に入りやすいのでお勧め。あとは過去問を何回も繰り返すこと。10回繰り返すことができれば一発合格もできる。最低3回は繰り返したい。

講座を検討されている方は

 IT系、情報処理系資格サイトのアイテックは業界NO,1の実績があり、講座料金も他の資格講座よりも非常にリーズナブルなためおすすめ。(アイテックの講座一覧