マイクロソフト認定資格

ワード、エクセル、パワーポイントなどのスキル証明ができる

 マイクロソフトの認定資格は、ワード、エクセル、パワーポイントなどの一定のスキルを証明できる資格で、学生はもちろん、若手社員から管理職まで、幅広い層に人気の資格である。

 officeのバージョンによって試験を選ぶことができる。現在はoffice2003とoffice2007の2種類。

 試験日は随時。会場によって若干の差はあるものの、ほぼ毎日受験可能だ。試験は50分、実際にパソコンで行う。合格判定は試験後すぐにわかる。(公式サイト

独学で取得するには

 独学でも合格することは十分にできる試験内容であるため、既にある程度のワードやエクセルのスキルがあるという方は、試験対策用の参考書を3回程度くりかえせばよい。実際に私は以下の参考書を3回繰り返して合格することができた。マイクロソフト公認で、模擬試験CDがつき、ユーザーレビューの評判もよいのでお勧め。

よくわかるマスター MCAS Excel 2007 完全マスター2

office2007用

よくわかるマスター MCAS Word 2007 完全マスター2

office2007用

よくわかるマスターMOS問題集EXCEL2003

office2003用

よくわかるマスターMOS問題集WORD2003

office2003用

講座を検討されている方は

 ワード、エクセルのスキルが全くない、もしくはほとんどないという方は、講座を利用した方が効率的だろう。ユーキャンのマイクロソフトオフィススペシャリスト講座は非常に丁寧な作りの参考書と手厚いサポート、そしてマイクロソフト公認なので人気がある。