オフィス事務系を目指す方・・・

 オフィス系、事務系を目指す方も、学生や初心者の方と同様、マイクロソフトのオフィスの資格取得はオススメ。それにプラスして、国家資格であるITパスポート試験にチャレンジしてみることもいいだろう。

マイクロソフト認定資格

 オフィス事務系を目指す方、というよりも、あらゆる業種のデスクワークでは必ず必要となってくるエクセルとワードのスキル。ワード、エクセルをかじった程度で「できます!」と言っても何の説得力もない。

 マイクロソフトの認定資格を取得すれば、ある程度のスキルは備わっているとみなされる。ぜひ取得を検討されてみてほしい。ワードエクセルだけでなく、パワーポイントの資格などもあるので、あわせて取得しておきたい。

 ただし、この資格は数多くの人が取得されている。もっと差をつけるためには、以下の資格を取得されることをお勧めする。非常に価値のある、国に認められた資格なので、履歴書に堂々と書ける。

ITパスポート試験(国家資格)

 ITパスポート試験は、簡単に言えば、働く人だれしもが必要となるIT知識を身につけることができる資格。ワードやエクセルといった一部のソフトウェアの技術だけでなく、コンピュータに関する全般的な知識やネットワークなどの基礎知識などが身につく

 また国家資格であることから、そこらにある多くのベンダー資格、民間資格よりもハクがつく、公的に認められるというメリットもある。

 ITパスポート試験に見事合格したら、プログラマの道にも興味をもたれる方もいるかもしれない。プログラミングは難しいというイメージがある。しかし、多くの場合それは食わず嫌いなだけという印象がある。

 特に、長年IT業界で働いてきて感じたことは、英語が得意な方がプログラミングを覚える速度が早い印象を持つ。文系だから無理と決め付けて、自分の可能性を閉ざすことだけは避けていただきたい。

プログラムを覚えれば、仕事の成果物としてプログラミングをやるだけでなく、ご自身が普段手作業で行っている作業も自動化できる可能性が広がる。

まとめ 上記2資格を取得したら何をするべきか

 オフィス系を目指す方は、上記にあげた2つの資格取得を目指すことはとてもすばらしいことだと思う。特に、ITパスポート試験は、【パスポート】という名がつく通り、IT技術の登龍門資格であり、れっきとした国家資格なので非常におすすめ。

 さて、この2資格を取得したら次はどうするか。

 まずは冒頭に述べたとおりマイクロソフトのオフィスの資格を取得したら、さらにご自分でエクセル、ワードなどの参考書を購入し、徹底的に高度なスキルをマスターすること。

 マイクロソフトの資格は、ある一定レベルの水準にまでスキルアップすることができる資格ではあるが、(資格を既に取得された方は感じていると思うが、)その資格取得だけではワード、エクセルマスターとは到底言い難いからだ。

 いろいろな資格に手を出すよりも、1つの分野(例えばエクセル、さらにいえばエクセルの関数やマクロといったように)を徹底的にマスターした方が職場においても重宝される。じっくり検討されてみて欲しい。(個人的にお勧めなエクセルの本が、Excel Hacks 第2版― プロが教える究極のテクニック140選。こんなにエクセルは便利で使えるのか!ということがわかる1冊。)

 さらに、ITパスポート試験で覚えたスキル・知識を陳腐化させないために、ご自身でブログやワードに学習されたことをまとめてみよう。まとめるという作業が非常に強力な復習手段となり、合格後にあえて1回まとめることで、あいまいだった部分を再度学習できるため、本当の実力がつく。